[今日の絵] 5月前半

[今日の絵] 5月前半

 

1 Caravaggio : トランプ詐欺師 1594

「トランプ」は西洋絵画でたくさん描かれている主題、ゲームを楽しむだけではなく、占い、賭けなどもある、カラヴァッジオのこの絵では、右側の男が詐欺師らしいが、中央の男も仲間かもしれない

 

2 Jan Steen : The Card Players, 1665

ヤン・ステーンは、庶民の生活を生き生きと描いた画家、この絵でも、トランプをしている人、見ている人、全員がとても楽しそう、でも見ている人はカードの情報を教えている?  おそらく家族なのだろう

 

3 Jean van de Kerckhove:The Card Reader 1874

ヤン・バン・デ・ケルクホーフェ(1822-1881)はベルギーの画家、 占いの老婆がカードで姉妹に何かを告げている、姉妹の真剣な表情からすると、「結婚運」についてだろうか、足元にトランプやバッグが落ちているのが気になる

 

4 Gustave Caillebotte : Game of Bezique 1880

ギュスターヴ・カイユボット(1848~94)はフランスの画家、写実的だが印象派展にも積極的に出品、タイトルは「ベジークのゲーム」、ベジークは19世紀のフランスで生れ、山札から引いた点数が高く、麻雀の役を作るような楽しみがあるとされる、この絵では皆が真剣で緊張している

 

5 Gogh : The Brothel (Le Lupanar) 1888

タイトルは「売春宿」、ゴッホゴーギャンと一緒に、絵の形象的な主題を見つけるために南仏の売春宿に行ったらしい、この部屋はなかなか社交的に見える、向こうの男女は踊っており、中央のテーブルの男女は白いカードを持っているように見える

 

6 Eva Bonnier : 1890

エヴァ・ボニエ(1857~1909)はスウェーデンの画家、主に人物画を描いた、この絵はタイトルは分らないが、老女がトランプの札から何かを読み取ろうとしている、その表情は真剣そのもの、西洋人は、他者とゲームをやるばかりではなく、一人でトランプに向き合うことも多いのか、右側のランプもいい

 

7 Paul Rink : The Fortune Teller 1898

パウル・リンク(1865-1903)はオランダの画家、タイトルは「予言者」だが、二人は家族だろう、カードは雑然と置かれているが、お婆さんは中央の裏になったカードを指さして何か言っている、真剣な表情で聞いているのは孫娘だろうか

 

8 Pablo Picasso : L'Homme aux cartes, Paris, winter 1913-14  

タイトルは「カードをする人」、単数だから一人なのだろう、ピカソだからキュビズム的な表現だが、トランプカードはやはり平面なのか、孤独な感じが漂っている

 

9 Vera Rockline : The Card Players, 1919

ベラ・ロックライン(1896-1934)は、ロシア出身だがフランスに移住した、彼女はキュビズムルノアールの影響があると言われている、この絵は三人がトランプをしており、多数の三角形から成る幾何学的構成が美しい、テーブルも椅子も身体もトランプカードも三角形だ

 

10 Serebriakova : House of Cards 1919

子どもたちは、ゲームではなくトランプのカードで家を作っている、セレブリャコワの4人の子供たちで、右側は長女のタチアナだろう、この年、セレブリャコワの夫ボリスはチフスで急逝、4人の子にとって父のいない悲しい家になった、左下の人形が父か、子どもたちの表情は暗い

 

11茅野市 : 縄文のヴィーナス

1986年に棚畑遺跡から発掘された土偶で、国宝に指定された、縄文期のBC2000~3000年頃といわれる非常に古いもので、似てはいるが古墳時代の埴輪ではない。高さ27cm、腰が大きいのは出産を象徴しているのだろう、切れ長の目とおちょぼ口の取り合わせがいい

 

12ルーマニア出土、7000年前の新石器時代の像 : 「考える人と座る女The thinker and the sitting woman」

「考える人」が男か女かは不明だが、それにしてもまるで現代彫刻のように洗練されている、見事な芸術作品

 

13 Kore Holding a Dove, 525-500 BC

「コレー」とは、古代ギリシア・アルカイック時代における、若い女性の着衣立像、この女性は鳩を手に持っている、丸みをおびた顔と体、微笑んでいるのかもしれない

 

14 Athena, 660-650 BC. clay figurine.

クレタ島のゴルテュス遺跡で見つかった粘土製のアテナ像、像とは別に作ったヘルメットを被っているのが珍しい、素朴な像だが、このアテナ、豊かな表情をもっている

 

15 Pablo Picasso, Standing Woman, 1947

ピカソのこの彫像はなんとなく古代彫刻に似ている、たとえば昨日のアテナ像や一昨日のコレー像など、このブロンズ像は高さは24.1cmと小さい、ピカソは両手を前に丸くまわしている姿を他にも創っており、キキュラデス文明の彫像に模したのかもしれない

 

16 Rodin : The Three Shades, 1886

「三つの影shade」とは、ダンテ『神曲』の「地獄の入口」に「影(=呪われた者の魂)」が立っており、「希望を捨てて、ここに入るすべての人」を意味するらしい、ロダンがそれを彫像に。まず石膏像を作りそれをブロンズ像にした、パリのロダン美術館他に同型が幾つかある

[今日の絵] 4月後半

[今日の絵] 4月後半

 

21 Mosaic detailing a Roman slave (ルーブル美術館)

人間を描いた絵の中でも、「労働」や「働く姿」は、描くに値する重要な主題だ、近代以降の絵に多いが、しかし古い絵にももちろんある、これはローマの奴隷、モザイクの大きな絵の一部、逞しい若者が食事?を運んでいる様子がよく分る

 

22 Peter Bruegel : The Peasant and the Nestrobber, 1568

「農夫と鳥の巣どろぼう」、鳥の巣は誰でも見つけられるわけではなく、専門知識が必要らしい、樹にも登れなければならないし、「鳥の巣どろぼう」はなかなかの専門職だ、農夫もしっかり鎌を携えており、二人とも一日中勤勉に働くのだろう

 

23 Sisley : Forge at Marly le Roi 1875

印象派シスレー(1839~99)は街や郊外の絵が多いが、これは珍しく室内、「マルリ=ル=ロワ」はパリ郊外の小さな町、いわゆる「村の鍛冶屋」だろう、古ぼけて薄暗い、小さな鍛冶場だが、懸命に働いている、三人はそれぞれ違った作業を分担しているが連携のタイミングが重要なのだろう

 

24 Max Liebermann : Spinning Workshop in Laren 1889

マックス・リーバーマン(1847~1935)はドイツ印象派の画家で、「ベルリン分離派」を創設指導した、この絵はリアリズム的だ、ラーレンはオランダの古い町、1889年だが「紡績」といってもほとんど手作業だ、糸車も人力で回すのか、富岡製糸場よりも旧式のシステムに見える

 

25 Degas : Women ironing 1885

19世紀のパリは洗濯屋が大繁盛し、女性労働力の雇用の25%が洗濯関連の仕事だそうだ、ドガも洗濯やアイロンの女性をたくさん描いているが、重労働であることがよく分る、アイロンがけは力仕事で、彼女たちは疲れている

 

26 Cézanne : The Well Driller 1873

まだ機械がない時代、地面に穴をあけるドリル仕事は、もっぱらそれを行う職人がいたのだろう、この絵はまだ途中かもしれないが、セザンヌの人間の肉体の造形力は凄い、小柄な人物のようだが、がっしりとして、顔も含めて体じゅうに力がみなぎっている

 

27 Léon Lhermitte : The little goose girl of Mézy 1892

レオン・レルミット(1844–1925)はフランスの写実主義の画家で、農民の生活をたくさん描いた、メジーは北フランスの小さな村、この少女は険しい表情をしているが、10歳過ぎくらいか、ガチョウ飼いの仕事はきつく、服は貧しい、当時の農村では子どもは労働力だったのだろう

 

28 Sorolla : Valencian Fishwives 1903

ホアキン・ソローリャ(1863~1923)はスペインのバレンシア出身の画家、この「バレンシアの漁師の妻たち」は地元だ、漁師の妻たちは、足元に並んだ大量の魚を漁師から買っているのだろう、それをまた売るわけで、彼女たちはたんに消費者なのではなく逞しい労働者でもある

 

29 Diego Rivera : Exit from the Mine 1923

ディエゴ・リベラ(1886~1957)はメキシコの画家、フリーダ・カーロの夫、この絵は壁画で「鉱山からの退出」、労働者が金鉱石?など隠していないか身体検査されている、労働者たちの疲れた表情からも、苛酷な環境と労働条件で採鉱に従事させられていることが分る

 

30 Yablonska : Cucumber Harvesting 1966

「キュウリの収穫」、旧ソ連コルホーズだろうか、若い女性が多いようで、家族ではなく農業労働者として働いているのだろう、農産物価格の国家統制は需給の調整が難しく、中国の人民公社などと同様、コルホーズやソホーズはソ連崩壊後に解体されたが、現在のロシアの地方の一部には共同農場的な要素も残るとされる

今日のうた(132) 4月ぶん

今日のうた(132) 4月ぶん

 

春の花の色によそへし面影のむなしき波のしたにくちぬる (建礼門院右京大夫、「春の桜の色のように美しかった平維盛さまは、ああ、熊野灘の海底で朽ちておしまいになった」、作者と親交のあった平氏の貴公子、平維盛は、一ノ谷の戦いで戦線を離脱し熊野灘で入水したといわれる) 1

 

くさぐさの花順序なく桜さく昨日雨の莟(つぼみ)今日の満開 (佐藤佐太郎1979『星宿』、桜が咲く頃は、桃より桜が先に咲いたりして、さまざまな花が「順序なく咲く」、その桜も、昨日は雨で莟だったのが、晴れた今日は、突然満開になったりする) 2

 

あくがれは何にかよはんのぼりきて上千本の花の期(とき)にあふ (上田三四二1969『湧井』、吉野山に四日間滞在したときの歌、桜は低い処から順に咲いてゆくが、作者がいちばん高い「上千本」に来た時に、ちょうど満開の「花の期にあふ」よろこび、「あくがれ」が通じたのか) 3

 

峰の霞麓(ふもと)の草のうす緑(みどり)野山をかけて春めきにけり (永福門院『玉葉和歌集』、「峰にかかる春霞の白色、ふもとの草のうす緑色、この二色が野山じゅうに覆いかぶさって、すっかり春らしくなりました」) 4

 

春霞かすみし空の名残さへ今日を限りの別れなりけり (藤原良経『新古今』哀傷、「春霞」は死者を焼く煙と重ね合されることも多い、良経(1169生れ)は藤原定家(1162生れ)より7歳年下で、ともに新古今歌人、定家の母の美福門院加賀が亡くなったのを悼み、定家に送った歌、返しは明日) 5

 

別れにし身の夕暮に雲絶へてなべての春は恨み果ててき (藤原定家、昨日の藤原良経の歌への返歌、「母と別れた私には、夕暮れの雲が消えるのも母の荼毘の煙が消えてゆくように感じられて、とても悲しいです、総じて春は恨みとともに去ってゆくのですね」) 6

 

夢の逢ひは苦しかりけり覚(おどろ)きて掻き探れども手にも触れねば (大伴家持万葉集』巻4、「夢の中で貴女に逢ったのはつらかったよ、はっと目が覚め、手を伸ばしてひたすら周囲を探ったけれど、貴女に触れないのだから」、恋人の大友坂上大嬢に贈った歌) 7

 

四月だかなんだか弾け飛ぶボタン (芳賀博子、四月になると、いかにも春らしい日も増えて、なんだか浮き浮きした気分になる、「だかなんだか」を挟んで「弾け飛ぶボタン」と受けたのがいい、句そのものに弾けるような勢いがある) 8

 

烙印を押されるように誕生日 (竹井紫乙『白百合亭日常』2015、フェイスブックには「○○日は誰々さんの誕生日です」という表示が出るが、少し押しつけがましい感じで違和感がある、誕生日とは、だいたい人から言われるものだが「烙印を押される」ようなかすかな違和感が) 9

 

顔文字の一つになって流される (湊圭史、ネットでよく使われる「顔文字」は、人間の表情をきわめて類型的に表現している、そこには「個人」がない、議論でも我々は、自分の「個」を留保して、その場の大勢に従って「流される」ことがあるだろう、まず「空気を読む」わけだ) 10

 

呼べばしばらく水に浮かんでいる名前 (八上桐子、恋の句だろうか、なんだか美しい、恋人の面影が水面に浮かぶのではなく、「名前」が浮かぶというのがいい、ラカンの言うように、人格性は、見える想像界にではなく、言語の世界である象徴界にあるのだから)11

 

・・・・・・

 

蝶の羽(は)のいくたび越ゆる塀(へい)の屋根 (芭蕉1690、伊賀の俳人、原田覚左衛門の邸宅で作った句、豪邸なのだろう、「高い築地塀の屋根瓦を、蝶が、何度も何度も、ひらりと越えたり戻ったりして、飛んでいる、鮮やかに飛ぶなぁ」) 21

 

うつくしき顔掻く雉子(きじ)の距(けずめ)かな (榎本其角、「雉の顔は濃い朱色が美しい、しかしその顔を、鋭い蹴爪で激しく掻いている、顔が傷付かないかと心配になってしまうよ」、雉の動作まで鋭く観察した句) 22

 

まだ長うなる日に春の限りかな (蕪村1776、「日がどんどん長くなって、今日も夕方が明るい、これからもまだ長くはなるだろうが、そろそろ春も終りだってことか」、冬が春に変る頃にも「日脚が延びる」のを感じたが、春が夏に変る頃に、またそれを感じるのが面白い) 23

 

朧々(おぼろおぼろ)踏めば水なりまよひ道 (一茶1795「西国紀行」、33歳の一茶は旧友を尋ねて香川県まで行ったが、旧友はすでに亡くなっていた、ふらふらと貧乏旅が続く一茶) 24

 

春泥や遺物のごとき戦車ゆく (高垣わこ「朝日俳壇」4月24日、高山れおな選、ロシア軍の戦車が「ぬかるみ」に足を取られながら走行しているのだろう、戦車を「遺物のごとき」と捉え、「春泥」と取り合せた) 25

 

よどみなき介護の手順朝燕 (奈良雅子「東京新聞俳壇」4月24日、石田郷子選、「声を掛けながら朝一番の介護をする。手順は身についている。きびきびと朝の空を飛びまわる燕の姿と重なる情景」と選者評) 26

 

向日葵と小麦の大地に春近し銃を持つ手に種は蒔けない (加藤宙「朝日歌壇」4月24日、永田和宏/馬場あき子選、「上句は、ウクライナの平和だった頃への思い。下句に銃を持たない手への祈念がある」と馬場評、今回、永田選歌は10首すべてがウクライナ戦争) 27

 

拒否して否定して自分になる丸めたままで脱ぎ捨てる靴下 (河野左岸「東京新聞歌壇」4月24日、東直子選、作者名では分らないが、もし「靴下」がストッキングならば、女性の歌か、彼氏とケンカしたか、あるいは職場で理不尽なことをされたか、自室に帰ってやっと「自分になる」) 28

 

しつけ糸切って解放してやればスカートもひとすじの糸も自由だ (飯田有子『女性とジェンダーと短歌』2022、「しつけ」とは本縫いの品質を高めるために行う仮縫いで、その糸が「しつけ糸」、「しつけ」糸を切るとスカートは「解放される」、そして作者自身も解放された気分に) 29

 

男女混合名簿いまだ来ず男子すべて呼ばれたるのちの女子の呼名は (大口玲子『女性とジェンダーと短歌』2022、作者は「心の花」会員で宮崎市在住、この歌には「宮崎の中学校」と前書が、調べてみたら、宮崎県の公立中学は混合名簿率40.5%で[平成30年]全国水準より低い) 30

折々の言葉(2) 3,4月ぶん

折々の言葉(2) 3,4月ぶん

 

生きることの目的は、生きることそれ自体にあります。(ゲーテ「J.H.マイヤー宛書簡」) 3.4

 

生きているということは誰かに借りをつくること、生きてゆくということはその借りを返してゆくこと。(永六輔) 3.7

 

風立ちぬ、いざ生きめやも (ヴァレリーの詩の堀辰雄訳) 原詩はLe vent se lève, il faut tenter de vivre.「風が吹いた、生きることを試みなければならぬ」だから、「風が吹いた、さあ生きるのだろうか、生きないかもしれない」という意味になる堀辰雄訳は、誤訳ではあるが(「やも」は反語)、結核患者の節子との愛の物語なのだから、これでよい 3.11

 

死とは、モーツァルトを聴けなくなることです。(アルバート・アインシュタイン) 3.14

 

太陽の光が届かないところにも、音楽は入ってゆく。 (キルケゴール) 3.18

 

君自身音楽なのに、なぜ音楽が君に悲しく聞こえるのか (シェイクスピアソネット』) 3.21

 

記憶の中では、あらゆるものが音楽とともに現れる。だからヴァイオリンの音が聞こえる。(テネシー・ウィリアムズガラスの動物園』) 3.25

 

わたしが一番きれいだったとき だれもやさしい贈物をささげてくれなかった 男たちは挙手の礼しか知らなくて きれいな眼差だけを残し皆発っていった (茨城のり子「わたしが一番きれいだったとき」) 3.28

 

男たちが女に自分の言うことを聞かせるには技巧が必要というならば、私たち女も、男のいう言葉を聞かないでいられるために技巧が必要です。その技巧が男の技巧より少なくてすむとでもお思いなの? (ルソー『新エロイーズ』) 4.1

 

恋以外の他のすべての愛情は、[現実の]過去を必要とする。だが恋は、あたかも妖術のように、一つの過去を創造し、その過去でわれわれを包む。(コンスタン『アドルフ』) 4.4

 

思春期は人生の重要な一期間というだけではない。人生というものを、完全に字義通りに論じることのできる唯一の期間だ。(ウエルベック『闘争領域の拡大』) 4.8

 

ああ嫌だ嫌だ嫌だ、どうしたら人の声も聞こえない物の音もしない、静かな、静かな、自分の心も何もぼうつとして物思ひのない処へ行かれるであらう、つまらぬ、くだらぬ、面白くない、情けない悲しい心細い中に、いつまで私は止められて居るのかしら、これが一生か、一生がこれか (樋口一葉にごりえ』) 4.11

 

吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦(きょうだ)なる行為によつて、祖先を辱(はずか)しめ、人間を冒涜してはならぬ。そうして人の世の冷たさが、何(ど)んなに冷たいか、人間を勦(いた)はる事が何(な)んであるかをよく知つてゐる吾々は、心から人生の熱と光を願求礼讃(がんぐらいさん)するものである。人の世に熱あれ、人間に光あれ。(水平社宣言) 4.21

 

すべての蓋然的推論は、一種の感覚(sensation)に他ならない。我々が自分の好みや感情に従うほかないのは、たんに詩や音楽においてばかりではなく、哲学においても同様なのである。(ヒューム『人間本性論』) 4.25

 

しかし[哲学は]、一つの表示法にたまらなく惹きつけられたり反感をもったりすることがあるのは事実である。(ウィトゲンシュタイン青色本』) 4.29

[オペラ] R.シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》

[オペラ] R.シュトラウスナクソス島のアリアドネ》Metライブ Movixさいたま

(写真上↓は本幕の舞台、視覚的に美しく、三人の妖精が中空から歌うのはとてもよかった、下の写真は序幕、ギリシア悲劇由来のオペラとイタリア喜劇を同時に混ぜてやれという伯爵命令が伝わり、てんやわんやの場面、左側が「格調高い芸術派」のオペラ関係者、右側が「何をお高く留まってるのさ」と茶化す喜劇役者たち)

2022年3月12日Met上演の映像、M.ヤノフスキ指揮、E.モシンスキー演出。《ナクソス島のアリアドネ》は約2時間の小品ながら、非常な傑作で、私は大好きな作品だが、これまで2008年鵜山仁演出、2016年カロリーネ・グル―バー演出の二回しか見たことがない。今回の上演も、舞台が美しく、アリアドネ姫(リーゼ・ダーヴィドセン)、ツェルビネッタ(ブランダ・レイ)、作曲家(イザベル・レナード)は、ともによかった、とりわけリーゼ・ダーヴィドセンは素晴らしい歌唱。(写真↓は、上がアリアドネとツェルビネッタ、下が作曲家)

ただし、二点ばかり不満が残った。一つはツェルビネッタが「愛なんて移りゆくもの、新しい神がやってくると、私たちは黙って身を任せてしまう」と歌う、コロラトゥーラ・アリア。歌は問題ないのだが、道化といちゃつきながら演技をして動き回るのが目に入るので、気が散って、歌を聴く集中度が落ちてしまう。ここは、「夜の女王のアリア」と同様に、ただ棒立ちで歌えばよいのではないか。もう一つは、最後に出てくるバッカスが、いかにも真面目な男性ふうだったことだ。バッカスは「酒の神」だし、このオペラの文脈では浮足立った感じのチャラ男であるべきではないか。鵜山演出版では茶髪の若いチャラ男だったし、その方が、アリアドネ姫の新しい恋人として面白い。そもそもスーブレットで軽みのあるキャラのツェルビネッタ↓が、王子テセウスに捨てられて絶望しているアリアドネに「男なんてたくさんいるわよ、振られたら別の男に乗り換えりゃいいじゃん。私なんか、何人もの男と同時進行よ。あなたもやってごらんなさいな」と歌うところが、本作の肝なのだ。最初は反発していた真面目な姫も、イケメンの若き神バッカスが現れると、最初はそれを死神と錯覚していたのに、バッカスに抱かれてがぜん愛に目覚める。「テセウスなんて、もう忘れちゃったわ(^^)、新しい彼氏大好き!」というたわいもないイタリア喜劇が、ギリシア悲劇風の悲恋を飲み込んでしまうのだ。