今日のうた(127) 11月ぶん

今日のうた(127) 11月ぶん

 

胸そらす朝の体操鱗雲 (日下光代「東京新聞俳壇」10月31日、石田郷子選、「澄み切った大気の中で大きく体を反らした時、見事な鱗雲が目に入った。秋の朝の爽やかさがよく伝わってくる」と選者評。「鱗雲」が「朝の体操」と結びつくのが新鮮) 1

 

朝寒のバベルの塔に出勤す (竹内宗一郎「朝日俳壇」10月31日、高山れおな選、「竹内さん、職場自体が多国籍多言語なのか、職場が入るビルの話か。自己像をハードボイルド(?)に演出」と選者評。「バベルの塔」という語がいい、屈指の高層ビルだろう) 2

 

口を聞きたくない日も泡で出るハンドソープは泡で出てくる (小原史子「東京新聞歌壇」10月31日、東直子選、「泡で出るハンドソープの感触と、意志とは無関係に出てしまう言葉とを結び付けた。リフレインの効果もあり、不可抗力の感じがよく伝わる」と選者評) 3

 

心電図に「ハートは元気」と医師の笑むこんなに苦しい恋してるのに (岡田紀子「朝日歌壇」10月31日、高野/永田/馬場選、三人の選者が選んだ歌、心臓について医師がコメントするということは、作者は中高年の女性だろうか、いや、そこがいいのだ、この歌は) 4

 

死ぬ母に死んだらあかんと言わなんだ氷雨が降ればしんしん思ふ (池田はるみ『ガーゼ』2001、作者の母が亡くなった、もう助からないと分る状態だったのか、看病しながら、ついに「お母さん死んだらだめよ」とは言わなかった、後日、氷雨が降る中、そのことを後悔する) 5

 

想はれず想はずそばにゐる午後のやうに静かな鍵盤楽器 (石川美南『砂の降る教室』2003、作者1980~は学生か、恋の別れだろうか、二人は楽器の鍵盤のように、寄り添って「そばにゐる」けれど、もはや「想はれることも想ふこともない」、沈黙する鍵盤楽器のように) 6

 

あかあかとガードは燃えて沈みゆく夕陽よ 省線電車はゆけり (福島泰樹下谷風煙録』2017、作者は1943年に東京市下谷(したや)区に生まれ、今も住む、歌集は最近のものだが、人生を回顧している、「ガードに沈みゆく夕陽」には「JR山手線」ではなく「省線電車」が似合う) 7

 

振り向かぬ子を見送れり振り向いたときに振る手を用意しながら (俵万智『オレがマリオ』2013、作者が島在住のときの歌だろう、息子を見送りに港に来ているのか、やはり母親としては、振り向いてほしいと心中思っている) 8

膝くらくたっている今あとなにを失えばいい ゆりの木を抱く (江戸雪『百合オイル』1997、「ゆりの木」は外来種の大木、恋を失った悲しみの歌か、「ゆりの木」に体を寄せ、「膝に光が当たらない」くらい密着して、むしろ木に抱かれるように、かろうじて体が支えられている) 9

 

抜かれても雲は車を追いかけない雲には雲のやり方がある (松村正直『駅へ』2001、街中ではなく高速道路を走れば、「雲を追い抜く」こともあるだろう、でもこの歌の「雲」は擬人化されているように感じられる、人と人との関係のメタファーとしても読まれうる) 10

 

たくさんの空の遠さに囲まれし人さし指の秋の灯台 (杉崎恒夫『食卓の音楽』1987、海辺の灯台は、非常に遠くにいる多数の人から見られている、それを「たくさんの空の遠さに囲まれし」と詠んだ、そう、「人さし指の」灯台は寂しくなんかないんだ) 11

 

花薄(はなすすき)風のもつれは風が解く (福田蓼汀、作者1905~88は登山家でもあった、この「花薄」もたぶん街中ではなく高原だろう、風で大きく「もつれ」、また次の風で大きく「ほどける」) 12

 

秋の暮大魚の骨を海が引く (西東三鬼『変身』1960、とても大きな魚が、骨だけになって砂浜に打ち上げられている、それを再び海の波が少しずつ海へと曳いてゆく、いかにも「秋の暮」らしい光景だ) 13

 

日本海これより寒(かん)の黒さかな (徳永 山冬子、作者1907~98は愛媛県出身で、俳誌「渋柿」主宰、この句は日本海で詠んだもの、海は潮目を境に色が変ることが多い、冬が来たのだろう、「これより寒の黒さ」とズバリと把握した) 14

 

山もみじ処女(おとめ)の声をちりばめて (鎌倉佐弓、美しい「山もみじ」が広がっている中から、歩いて観賞している若い女性たちの声が聞こえるのだろう、「処女(おとめ)の声」には「山もみじ」のようなキラキラする輝きがある) 15

 

生きるの大好き冬のはじめが春に似て (池田澄子、時雨など降る初冬なのに、あたたかく晴れた日もある、「小春日和」という季語だが、「冬のはじめが春に似て」と優美に言い換え、「生きるの大好き」と取り合わせたのがいい) 16

 

一枚の落葉となりて昏睡す (野見山朱鳥、落葉はいろいろな落ち方をする、ストンと地面に落ちる、ゆらゆらと風に乗って遠くに落ちる、すぐ下の葉に引っかかって止まる・・、作者はどの落葉に似た仕方で眠りに落ちたのか)  17

 

時雨るゝや音してともる電熱器 (波多野爽波、私の子どもの頃は、暖房器具が少なかったので、電熱器も使っていた、スイッチを入れるとジーンという小さな音がして、だんだん赤くなってくる、そして灼熱すると音が止まる、まさに「音してともる」だった) 18

 

凩(こがらし)の果(はて)はありけり海の音 (池西言水、「凩の音を一心に聴いていると、風の音のさらに向こうに海の波の音が聴こえる」、すごい聴覚だ、作者(1650~1722)は江戸初期の俳人芭蕉派と交流もあった) 19

 

くしゃみして星の一つを連れかへる (仙田洋子、冬は夜の星が美しい、初冬のある晩、作者は久しぶりに星を眺めた、気温が下がって「くしゃみ」がでる、でも今夜はある星の姿が気になって、その星がとても心に残った、「星の一つを連れかへる」ようにして) 20

 

剣太刀(つるぎたち)身に添ふ妹をとりみがね音(ね)をぞ泣きつる手児(てご)にあらなくに (よみ人しらず『万葉集』巻14、「身に付ける太刀のように連れ添ってきた妻を、可愛がることができなくなってしまって[防人など公用か]、声をあげて泣いちゃった、まるで娘っ子みたいに」、愛妻歌) 21

 

今はとてわが身時雨(しぐれ)にふりぬれば言の葉さへにうつろひにけり (小野小町古今集』巻15、「時雨がふるように私も、今はもうすっかりふるくなってしまったわ、だから木の葉と同じように、貴方の言の葉も、すっかり冷たくなったのね」) 22

 

覚めてのち夢なりけりと思うふにも逢ふはなごりのをしくやはあらぬ (藤原実定『新古今』巻12、「貴女に逢っていると思いきや、とたんに消えてしまい、夢から覚めただけでした、でも夢だからといって、後に残る余韻の深さは、逢ったときと少しも変わりません」) 23

 

恨むとも嘆くとも世の覚えぬに涙なれたる袖の上かな (式子内親王玉葉和歌集』、「世の中を恨んでもいないし、嘆いてもいないのに、ただわけもなく涙が流れるのはなぜかしら、いつも涙が流れているので、私の袖はすっかり涙に慣れてしまったわ」) 24

 

ひとかたに靡く藻塩の煙(けぶり)かなつれなき人のかゝらましかば (平忠盛『千載集』巻1、「おっ、藻塩を焼くあの煙は長く伸びて、一方にぐーんと傾いていくぞ、いいな、つれない彼女も、あんな風に僕に身を傾けてほしいなあ」、作者は平清盛の父、平氏は京都風なので貴族的) 25

 

世の中にかしこきこともはかなきも思ひし解けば夢にぞありける (源実朝金槐和歌集』、「この世には、優れているものもあり、取るに足らぬつまらないものもあり、両者は異なるように見える、だが、よくよく考えてみれば、どちらも夢のようにはかない点は共通している) 26

 

草の笛吹くを切なく聞きており告白以前の愛とは何ぞ (寺山修司『空には本』1958、歌集刊行時点で寺山は22歳、彼の歌は「前衛短歌」と呼ばれるが、何と言っても、この瑞々しさが魅力だ) 27

 

昇降機下(お)りゆくなかにきくらげのごとうごかざる人間の耳 (塚本邦雄『日本人霊歌』1958、エレベータに乗っていると、狭い空間に人が何人もいるので、人間の肉体の各部分が間近に見える、「人間の耳」は「きくらげのごとくうごかない」、何とも言えず不気味なものだ) 28

 

顔を脱(ぬ)ぐごとくいかりを鎮めたるその時の間も黙(もだ)しつつ越ゆ (岡井隆『鷲卵亭』1975、東京の医師であった作者は、1970年に愛人女性と九州へ隠遁、5年後に文学活動を再開、「顔を脱ぐごとく怒りを鎮める」「時間を黙しつつ越える」がいい) 29

 

飲食(おんじき)ののちに立つなる空壜(からびん)のしばしばは遠き泪のごとし (葛原妙子『葡萄木立』1963、ガラス製の酒ビン、醤油ビン、調味料のビン、牛乳ビン等を、使い終わった後に洗って台所の窓のあたりに並べてあるのだろう、それらが「遠い涙のように」見える) 30

[今日の絵] 11月後半

[今日の絵] 11月後半

f:id:charis:20211130015116j:plainf:id:charis:20211130015137j:plain

17 de Vinci  : 洗礼者ヨハネ 1515頃

ダヴィンチの事実上の遺作、「洗礼者ヨハネ」だが、何だかセクシー、キリスト教の聖人をセクシーな肉体として描いたのはバロック期からと言われるが、本作は少し早い、この絵は19世紀のデカダン派詩人に大きな影響を与えた

f:id:charis:20211130015311j:plain

18 Correggio : キリストの頭部 1528頃

ヴェールにキリストの顔が浮かんだとされる「聖ヴェロニカの奇蹟」から主題が取られた絵、サイズが28.6×23.5cmと小さいので、発注者の個人の信仰のために作られたといわれる、処刑されたゴルゴダの丘へと連行されるイエスの悲しみに満ちた表情を描いている

f:id:charis:20211130015340j:plain

19  Dürer : カーネーションの聖母1516

聖母の顔は正確な比例の法則によって描かれており、その視線は絵の鑑賞者よりさらに遠くを見ている、聖母の持つ小さなカーネーションダヴィンチに同じ絵があり(キリストは梨は持っていないが)、カーネーションは血=キリストの受難を表しているといわれる

f:id:charis:20211130015405j:plain

20 Caravaggio : トカゲに嚙まれた少年 1596

モデルが誰か議論があり、よく描かれた少年マリオ・ミンニーティか、あるいは偽装されたカラヴァッジョ本人という説もある、トカゲは「有毒なサンショウウオが神に打ち勝つ」という寓話に由来するという説もある、いずれにせよ少年の驚きと恐怖が見事に描かれている

f:id:charis:20211130015436j:plain

21Hals : 酒を飲む少年(味見) 1628

ハルスの描く人物は、本当に生き生きした表情をしている、この少年は左手に水差を持っている、ちょっと味見してみたのだろう、子供っぽい顔だし、まだお酒を飲む年ではなさそう

f:id:charis:20211130015504j:plain

23 Rubens : エレーヌ・フールマンの肖像1630

同年12月に53歳のルーベンスは二番目の妻エレーヌ・フールマン16歳と結婚した。エレーヌをモデルに肉感的な女性をたくさん描いており、私的な絵として、裸体に毛皮だけで「恥じらいのヴィーナス」のポーズを取らせた「毛皮をまとったエレーヌ・フールマン」もある

f:id:charis:20211130015531j:plain

24 Cezanne :ドミニク叔父さん1866

セザンヌ26歳の時の絵、彼は、母方の叔父アントワーヌ・ドミニク・オーベールを何枚か描いた、修道士姿の絵もあり叔父は修道士なのか、セザンヌはパリサロンで落選が続き、デビュー以前、1870年には兵役逃れに母親が故郷に家を用意、親族は彼に優しかったのだろう

f:id:charis:20211130015759j:plain

25 Manet : フードを被ったマルグリット・ド・コンフラン 1873

マネは彼女の絵を数枚描いている、この絵は通常の姿勢とは異なり、リラックスしたポーズで、このポーズをマネは描きたかったのだろう、この女性はマコンの騎兵隊長の娘

f:id:charis:20211130015846j:plain

26 Renoir : 自画像 1875

ルノワール34才、前年に第1回印象派展に出展、この年はマネ等とともに競売会を開くが、売れず、この絵は、顔に輝くような明るさがあり、光の特性を生かしている、まだ収入は少ない頃で、この顔にもやや緊張が伺われるか

f:id:charis:20211130015915j:plain

26 Benson : 夏に 1887

F.W.ベンソン(1862~1951)は家族をたくさん描いた、女性はたいがい白い服を着て戸外ににいる、この絵は彼の初期作品、白い服と戸外は同じだが、後年の特徴であるフワッとした感じはあまりなく、顔はキリッとして美しい

f:id:charis:20211130015949j:plain

27 Picasso : 若い男の胸像 1895

ピカソはたぶん14才、「神童」と言われていたが、この絵を見ても、他の画家と比して、体の立体的、三次元的な把握が抜群に優れていることが分る、後年、キュビズムという新しい手法に傾倒したのも、モノの三次元的把握に特別の関心があったからだろう

f:id:charis:20211130020039j:plain

28 Modigliani : ジャンヌ・エビュテルヌ 1919

モディリアニは愛人ジャンヌをたくさん描いているが、この絵は眼が白目や青目ではなく、まともで、もっとも美しい一つではないか、彼は1920年1月24日に死に、彼女は2日後に飛び降り自殺、妊娠9か月だった、この絵の彼女は死の前年で、悲しい絵となった

f:id:charis:20211130020111j:plain

29 Matisse : かしげた顔の女性(ロレッテ) 1917

アンリ・マティス(1869~1954)の第一次大戦中の絵、戦争中で職業モデルが不足したが、パリでマティスはロレッテという10代後半のイタリア人女性をモデルに、何枚も彼女の絵を描いた、魅力的な女性で、マティスの長男ピエールは彼女に恋をした

f:id:charis:20211130020136j:plain

30 Benny Andrews : Mr. America, 1967

ベニー・アンドリュース(1930~2006)はアメリカの画家、「ミスター・アメリカ」というのは典型的なアメリカ人という意味なのだろうか、たしかにアメリカ人らしい顔に見える

 

 

[オペラ] ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》

[オペラ] ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー》 新国 11月28日

(写真は舞台、この作品は何といっても、民衆の喜びに溢れた祝祭的気分が素晴らしい)

f:id:charis:20211118010219j:plain

f:id:charis:20211129113218j:plain

第1幕(95分)はやや退屈で、もっと短くしてほしいと思ったが、第3幕(130分)は素晴らしい。ワーグナー唯一の「喜劇」だけあって、彼の他の作品とは違った面白さがある。(写真は↓、マイスタージンガーたちの保守性を厳しく批判する、よそ者の騎士ヴァルター(右)。似顔絵を用いるのは、ヘルツォーク演出の工夫で、原作にはない)

f:id:charis:20211129113320j:plain

現代と16世紀の服装を混ぜているのが面白い。(写真↓は、歌合戦を鑑賞するマイスタージンガーたちと、一人セレナーデを歌うベックメッサー)

f:id:charis:20211129113426j:plain

f:id:charis:20211118010152j:plain

主人公のハンス・ザックス(1494~1576)は実在の人物で、靴屋でありニュルンベルクの指導的マイスタージンガーだった。この作品でも、きわめて魅力的な人物に造形されている。彼は妻子をなくし、いまはやもめ暮らしだが、友人の金細工師でマイスタージンガーであるポーグナーの娘エーファを自分の娘のように可愛がった関係で、互いに恋愛感情を持っている。これがとてもいい。《ワルキューレ》でもそうだが、ワーグナーには父娘の愛が描かれており、私はこれがとても好き(^^)。(写真↓、3枚目はポーグナーとエーファの父娘)

f:id:charis:20211118010116j:plain

f:id:charis:20211129113549j:plain

f:id:charis:20211129113628j:plain

第3幕第2場に、音楽の形式を知らない素人のヴァルターが歌う歌を聴きながら、それをすぐれた歌詞となるように詩の形式に直してゆくシーンがあるが↓、ここはワーグナー自身のオペラ歌詞観が窺われて興味深い。実在したマイスタージンガー制度は、ギルドの職人たちを音楽家に仕立てるわけで、素人から芸術家への移行を含んでいる。歌合戦の審査に民衆を加えたこと等、芸術の担い手としての民衆にワーグナー自身が共感していたのだろう。

f:id:charis:20211129113727j:plain

オペラとして最高に素晴らしい頂点は、第3幕の後半部、ザックスが、ヴァルターとエーファ、弟子のダーヴィットとマグダレーネ、という二組の結婚をうまくアレンジして(写真↓の右と左)、5人でとても美しい「愛の五重唱」を歌い(写真↓その下)、そして歌合戦本番の祝祭になって、隣村の娘たちやパン屋など多様な職人たちのダンスシーンからヴァルターの優勝(写真↓その下)になるところだ。民衆が芸術を担う喜びとはこういうことなのだろう。

f:id:charis:20211129113810j:plain

f:id:charis:20211129113829j:plain

f:id:charis:20211118010234j:plain

とはいえ、《マイスタージンガー》には、ワーグナー反ユダヤ主義(ベックメッサーは滑稽な負け犬にされる)や、ドイツ国粋主義という問題も残る。最後の幕切れ、ヴァルターとエーファが「(マイスタージンガー制度の象徴である)ダヴィデ王の似顔絵?」を叩き壊すのは、原作にないシーンで、演出ヘルツォークワーグナー批判なのだろうか? 原作の幕切れは以下のようだ、「(ザックス)たとえ神聖ローマ帝国が儚く滅びても、神聖なドイツの技芸は残されるであろう!」そしてト書き「終結部に達したら、民衆は感動して帽子やハンケチを振る。徒弟たちは踊り、歓呼の声を上げながら手を叩く」(井形ちづる訳、『ワーグナー全対訳集』水曜社)

5分間の動画がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=Yebm105trtQ

 

[演劇] フリッツ・カーター『愛するとき 死するとき』

[演劇] フリッツ・カーター『愛するとき 死するとき』 小山ゆうな訳・台本・演出 シアタートラム 11月25日

(写真は舞台↓、シンプルでスタイリッシュで美しい、光る棒はベルリンの壁を表わしているらしいが、私には分からなかった、手前は東独、後方は西ベルリンの壁前で行われたデイヴィド・ボウイの演奏会か)

f:id:charis:20211126075141j:plain

f:id:charis:20211126075158j:plain

今まで私が一度も見たことのない演劇表現に、とても驚いた。結果として深い感動があったので、舞台は成功したのだと思う。演劇というよりは、小説が眼前に視覚化されているような気がした。通常の演劇では、ギリシア悲劇のコロスなど、語り手も登場してよいのだが、舞台のそれぞれの役の科白以外のナレーションは、いわば例外だ。それに対して小説は、必ず語り手がいて、語り手の地の文によって物語が進む。ところが、本作は、役者が自分の科白を語る部分よりも、ナレーターとしてメタレベルから語る部分の方が多い。役者が次々に交替で「彼は出所してきました」「彼女は疲れて寝込んでしまった」等々と語り、物語を進めてゆく。特に第3部はほとんどがこうしたナレーション。つまり小説の地の文を役者に割り振って語らせている。これは非常に珍しい手法だ。写真下↓のように、役者はマイクを持っているが、自分の役の科白を語るのではなく、ナレーターとして解説したり、歌を歌ったりする。

f:id:charis:20211126075239j:plain

f:id:charis:20211127032831j:plain

f:id:charis:20211126075328j:plain

しかしながら、この手法は、この劇の主題にはふさわしいのかもしれない。というのは、本作は、東ドイツの抑圧的な体制を告発するという単純なものではなく、むしろ、東ドイツが崩壊して西ドイツに統合されたことが、若者の個人生活、具体的には恋愛関係に大きな傷を負わせた、というのが主題である。東の若者にとって、ベルリンの壁の崩壊は、自分たちが自由になるという大きな喜びであったはずだが、結果はかなり失望させるものであった、というのが第3部の主旨である。こんなに微妙で複雑な主題は、やはりナレーションというか、小説的技法でなければ表現できないのかもしれない。

f:id:charis:20211126075415j:plain

私自身は、ベルリンの壁崩壊の1989年には38歳で、ちょうど日本に留学中のドイツ人大学院生たちが周囲にいて、彼らと東独崩壊についてずいぶん議論した。前後の状況についてもかなり知っているので、無理なく劇についていけて、非常に感動した。また第一部は、やはり崩壊前のソ連の若者を撮った映画ともよく似ていた。しかし当時のことを知らない人が、この劇を当時のコンテクストに置きながら観るのはなかなか難しいかもしれない。幸いプログラムが充実しており、そこに書かれていることを事前に読めば、かなり分る。私の疑問の一つは、第2部が分かりにくいことだ。第1部は1979年と明示され、第3部は崩壊後である。しかし第2部は崩壊前の話だから、1979年以降だとすれば、間は10年しかない。だから、第1部で生まれた赤ん坊がティーンエイジャーになっているという話ではない。つまり、第1部と第2部はまったく別の人の話になるが、俳優は同じだから混乱する。とはいえ、そういう時空的混乱にもかかわらず、崩壊前も崩壊後も、東独の若者たちの恋愛が引き裂かれている悲しい状況は、とてもよく分かる。だから、この上演は、大きな実験的試みではあるが、成功したと言えるだろう。

動画がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=Z3yxV7ftus4

[演劇] チェホフ『桜の園』 ジャンヌトー演出

[演劇] チェホフ『桜の園』 ジャンヌトー演出 静岡SPAC 11月23日

(写真↓は、左から、近所の地主ピーシク、商人ロパーヒン、ラネフスカヤ、その兄ガーエフ、そして舞台全景)

f:id:charis:20211125095516j:plain

f:id:charis:20211125095533j:plain

ジャンヌトー演出を見るのは、『ガラスの動物園』についで二度目。『桜』の舞台も、リアリズムではなく、「なにもない空間」で、当時の衣装はまったく用いず、人間を剥き出しに晒すような、現代演劇の空間になっている。チェホフの遺作『桜』は、他のどの作品にも増して、大きく不条理劇の方へ踏み出しているので、この舞台は適切だ。(写真↓は、左端が、ドイツ人家庭教師のシャルロッテ)

f:id:charis:20211125095558j:plain

俳優は日本人とフランス人との混成で、科白も二か国語なのは、会話と応答がつねにズレてゆき、コミュニケーション不全が大規模に生じている『桜』にふさわしい。コロナのせいで、俳優がマスクをしているのも、よかったのかもしれない。ギリシア悲劇や能のシテなどは、素顔を見せないから、演劇の舞台に素顔は必要ないのかもしれない。『桜』では、誰もが少しぶっ飛んでいる人で(シャルロッテは完全かつ全面的にぶっ飛んでいる)、そこが喜劇でありかつ悲劇であるというチェホフ劇の特性なのだが、その意味では『桜』はチェホフ劇の完成形といえる。ラネフスカヤも少しぶっ飛んでいるし、いつもビリヤードのマネをしている兄のガーエフ、杖や傘を握って人を脅す養女ワーリャ、そして召使いや下男たちも、それぞれぶっ飛んでいる。女中のドゥナーシャもお嬢様ふうで変だし、若い従僕のヤーシャは「ロシア人は教養がなくて困る、俺はパリへゆくぞ」とか偉そうに言うし、事務員エピホードフは大の読書家で哲学的な人生論を語る。つまり、皆が普通ならありそうにないことを語ったりしたりするのだ。そういう不条理的な、いかにもなさそうな人間の様態が、いかにもありそうな人間の様態と、つまり失う家を悲しみ、人との別れを悲しみ、何とか恋も成就させようとじたばたしながら生きていることと共存しており、その両方が高いテンションで共存しているのが、まさに『桜の園』なのだ。演出によっては、ラネフスカヤとロパーヒンの間の恋愛感情を見せるものもあるそうだが、この舞台ではそれは感じられなかった。ただ、二人は同じ「桜の園」で生まれ育ったという幼馴染の共有点はある↓。そういえば、ロパーヒンと87歳の従僕フィースルは、ぶっ飛んだところのない普通の人だ。(下の写真↓中央がフィールス)

f:id:charis:20211125095714j:plain

f:id:charis:20210827140421j:plain

チェホフ劇の肝である「さあ生きていきましょう、私たち生きていかなくては」は、『桜』にもある。娘アーニャははっきり「新しい生活が始まるのよ!私、勉強して資格を取って、働くわ」と言うし、他の人々も多かれ少なかれ「桜の園」を出て新しい生活が始まることに期待をもっているように見える。結局、『桜』の核心は、兄ガーエフの次の言葉にあるのかもしれない(第四幕、終り近く)、「これで万事めでたしだ、桜の園が売られる前は、我々はみなおそろしく動揺し、苦しみ、悩んでいた。だが、その問題が最終的に解決され、もうあと戻りはできないとなると、そのとたんに皆落ち着きを取り戻し、陽気にさえなったくらいだ」(小田島雄志訳、p151)

動画もありました

https://twitter.com/_SPAC_/status/1457278474213728259